TOP >> 観光スポット>> ゴレ島
Senelgal 旅行者ガイド      
MENU ゴレ島のみどころ。 お役立ち情報!


ゴレ島の船着場についたら,を下りたら、まずはピンクのコロニアルカラーの建物と、明るい日差し、船のまわりを泳ぐ子供たちに歓迎されます。













島の食糧などは船で運ばれてきます。観光客以外は割と大きな荷物をもっていききしていました。



 









見所。
奴隷の家(La Maison des Esclaves)は是非一度足を運んでいただきたい場所。

もともと1976年にオランダ人により建設され,現在は博物館になっています。上の階は奴隷商人が住んでいた階、1階部分が奴隷が集められていたところです。体重測定の部屋、男部屋、女部屋,子供の部屋と人間が機能別に分けられており,ここでの歴史を思い、暗い狭い部屋に入ると息が詰まりそうです。体重が60キロ以下の男性は奴隷として商品にならなかったそうで,太るまで別の部屋に隔離されていたそうです。階段部の下の本当にせまいスペースは,お仕置きのために利用され,ここに何人も押し込められていたそうです。ここを訪れたネルソンマンデラ氏もここで長い間お祈りをささげていたそうです。





1階部分真中にぽかんと海にあいた出口が,有名な「再び戻ってはこれない出口」。暗闇の部屋と真っ青な海の色との対比とは反対に,この暗闇を抜けても船の中、また新大陸でのつらい生活が待ち受けていたという歴史の事実が悲しいです。アメリカからきた黒人は,自分たちのルーツをさがしにアフリカ旅行をする方が多いのですが、ここを訪れて説明をうけると自分たちの祖先がここを通っていたのかとみな絶句していました。
名物のおじいさんがこの家の説明をしてくれます。









ゴレ島自体は小さな町で,ゆっくりあるいても2時間くらいで見て廻れます。
ジャカランダの花が咲き乱れ、ピンクのコロニアルカラーにつつまれた小路をいくと気分が和みます。

他にも,Fort d'EstréeにはIFAN歴史博物館がよいそうです。他、Musée de la Famme, Musée Maritimeなどもあります。
お時間のあるときはどうぞ。

Le Castolをのぼる途中のバオバブの並木道が面白いです。Le Castolの頂上は眺望も良く,第二次世界大戦に使用された大きな2つ砲台もおいてあります。



第二次世界大戦といえば,ダカール大学で英語とフランス語の通訳コースを教える先生のお父さんは徴兵されフランス軍として戦ったそうです。当時は村の酋長クラスの人やその息子が村の代表として徴兵されたそうです。弾を背中に撃たれれば,逃げ出したためだと侮辱されるため、背中から打たれないように必死で生き延びたといっていました。片手をなくしセネガルにもどってきましたが,この補償問題もまだ解決していないようで,第二次世界大戦の傷跡はまだ残っています。この砲台をみてそんなことを思い出しました。
坂の途中にはお土産店や,アクセサリーなども売られています。頂上にはなんとお猿さんを1匹見かけました。8月現在は,鮮やかな黄色のバッタが空を舞い飛んでいて,少し幻想的な世界でした。


観光客が通る路地を少し外れると,ゴレ島に住む人々の生活の様子が伝わってきて、それも楽しいです。

右はお気に入りの一枚。大きな木陰にカラフルな洗濯物がひらひら。

ゴレ島の船着場を降りた左側にレストランが並んでいます。一番左端の2軒で食べたことがありましたがおいしかったですよ。
船着場を降りた右手にはHostellerie du Chevalier de Boufflersという有名なレストランだそうです。こちらのレストランの名前は,西アフリカスランス領の首都をサンリュイからダカールに移した際の最初の首長の名前が由来だそうです。

おまけ。。
8月最後の日にゴレ島にでかけたところ,雨季のせいもあり,船着場の出口は水浸しでチケットカウンターからは出られません。みんな大きな荷物を抱えて柵をよじのぼり横入り。私もひとつ大きな荷物(3歳児)を抱えて柵をよじのぼります。



注意:
ちょっと進むと,英語を話すガイドがわらわらと寄ってきます。ガイドを雇いたい人はちゃんとガイドのIDをもっている人にお願いしましょう。たいてい私は,イリマセンーと素通りすることにしていますが。大抵,僕の兄弟は今日本人と結婚しているんだなどと興味をひき,自分のお店に連れて行こうします。毎度行く度に同じ手をつかうので笑えます。


他、上手なカメラマンによるゴレ島を見たい方はコチラ
我が夫のサイト。写真が綺麗です。    →ゴレ島スナップ



TOPIC! 
このホームページの筆者が今度ラジオに出演(?)

9月5日(日)
NHKラジオ第一放送
「地球ラジオ」という番組の「世界遺産の街か
ら」という コーナーに登場予定!

http://www.nhk.or.jp/gr/

といっても5分程度電話で参加するだけですが。トピックはセネガルの世界遺産ゴレ島について。トピックは固い。。。。

TOP >> 観光スポット>> ゴレ島